HEROS

2020.3.27
no.36
佐々木 亮介
Sasaki Ryosuke
食を考える第一歩へ オーガニック食堂料理人

プロフィール


佐々木 亮介
Sasaki Ryosuke

食を考える第一歩へ オーガニック食堂料理人

宮城県石巻市出身/自然食食堂さん オーナー


 

ー石巻に戻ってくるまでのお話を聞かせてください。
佐)静岡の大学、大学院で栄養学の勉強をしていました。栄養学を学んだ後はお菓子の専門学校で料理を学んで、お菓子屋さんへ。実家が食堂ということもあって、僕も飲食業気質なんだなって思いました。いくつか仕事場を変えるうちに東日本大震災が発生して、石巻に帰ろうと決めました。長男だったので、もともといつかは帰ろうと思ってたのが早まった感じですね。実家の食堂も被災してしまって全壊認定を受けて立て直なおすことに。食堂が大きくなって忙しくなったタイミングでした。

ー石巻では結構有名な食堂ですよね。僕が初めてお会いしたのもそのぐらいだったと思います。
佐)実は来年で70年らしいです。帰ってきてからは食堂を手伝いつつ、よく街に顔を出していましたね。そして2019年4月に”自然食食堂さん”を立ち上げました。

ー自分でお店を持つということはどう感じていますか?
佐)合ってると思いますね。好きなことをやれるっていうのが自分に向いているんだと思います。

ー改めてこのお店のこだわりを教えて下さい。
佐)やっぱり自然食であるという事は大きいですね。大学・大学院で栄養学を学んで管理栄養士でもあるんですが、やっぱり根っこは料理人なので。食べれば食べるほど健康になる食事を研究したいと思っています。例えば病気になった人が塩分摂取に気をつけなきゃ行けなかったり、糖尿病の人がカロリー制限するようになってから食事に気をつけるだけじゃなくて。健康な人でもより健康維持増進のために、こういう食事を取ればいいよと言える人間になりたいです。今のメニューも添加物は一切入っていないし、マクロビという動物性の物を摂らないようなベジタリアンやヴィーガンの方でも安心して食べられるような食事を提供しています。そして日本人の体に合った食事にできるようにしています。

ー日本人ならではの食事
佐)日本人はこれまで海藻、野菜、魚、お米を食べて来たので、欧米食にはまだ体が慣れていないんです。たまに動物性のお肉を食べるというのが合っているし、体もスッキリするんです。体の作り自体が欧米人とは全く違うので。でもまだまだ勉強中です!

ー是非こういう人に来て欲しいという方はいますか?
佐)誰にでも来て欲しいけど、これから子供の面倒を見る方、そしてお母さん世代ですね。子供って本当に味覚に正直なんです。僕らみたいに大きくなると「これはこういう味だ」「これは体に良いものだ・悪いものだ」という感覚をもって食べ物を食べています。でも子供はそれを考えるまでは至らず、与えられるものを食べていますが、添加物が多く入ったものは残しがちです。普段は少食の子でも、実は添加物が入っていないおにぎりをあげると、親御さんが驚くくらいペロッと食べてしまうこともありました。

ーそんなことがあったんですね。自然の物を扱う上で、気をつけていることなどあるんでしょうか。
佐)自然食を特別扱いしている感じではないですね。オーガニックな物を摂れば100%体が良くなるとは考えていないし、逆に添加物もうまく使えばいい物だと思っています。オーガニックも添加物もどちらにもメリット・デメリットはあるので、それをしっかり把握することが大切。オーガニックじゃないとだめだと思ってしまうような、知識が無いのに固執しまってはいけないとも感じますね。逆に添加物にも言えることで、安いからというだけでスーパーで買ってみるとほとんどが添加物だったりすることも。自分でも衝撃を受けたのは、ヨーグルトを毎日食べていたんだけれど、その添加物を見たときに甘み・とろみ・香りが偽物か増強されているということが分かったんです。それからそのヨーグルトはヨーグルトに見えなくなっちゃって。でもにがりとか、炭酸も添加物になっちゃうんですよ。ある意味天然物だし、二酸化炭素なんかはそこら中にありますよね笑。

ー炭酸までとは意外でした。このお店を通して意識が変わるきっかけになると良いですね。
佐)添加物だからといって、それが体に悪いわけじゃなくてちゃんと見極めることが必要だと思っています。あと、添加物が絶対必要な場面もあります。例えば緊急時の保存食とか、ある程度長期保存が効くものは作らないといけない。オーガニック食品に慣れた体になると添加物が入った物を食べると体調が悪くなったりはするけど、一番体に悪いのは何も食べない事。どうしても時間がないときも必要になるかもしれません。けれども、それがどう体に影響するかを考えながら食べてほしいなと思っています。できる範囲で自分が健康でいられるように、生活にあった食事の選択をしてほしい。そんな意識をこの店から伝えられたら良いなって思っています。

OTHER HEROS